びんぼういけりんの人生ボーナストラック

びんぼうで生かされてるので、いつ「余命三ヶ月」と言われてもいいように生き抜くために綴る言葉。